お雑記

おお我が憩い

特捜部Q カルテ番号64 ☆☆☆★★

また代わった?ティームが。

メッセージ性が強すぎること(強制不妊手術、移民問題)に加えて、

序盤の組み立ての見面倒くささ、(後半までに確と明らかにはなるので別にいいんだけれども)

にも関わらず(必要な重要事項については)出揃ってはいたことなどによって、

なんとも言えない仕上がりに。

 

監督かわってんじゃんか。

んだよー。

という感じ。

1917 命をかけた伝令 ☆☆☆★★

キャムがね〜浮いてんすよね〜ずっとね〜

キャム&ギミック。
撮影時こそが映画だぞといわれたような印象。
現場!みたいな
カメラがゲームみたいな動きで、その動線というか、そういう風にできる仕組みに、頭脳に重きをおいたのでしょうか。
良いですよ。
納得の技術系賞受賞なんじゃない。知らんけど。

スコフィールドは、スコなんだな。