お雑記

おお我が憩い

ストレスについて

なんだか皆さん、ストレスというものを日々感じるておられるそうで、
それは些細なことからドカンと大きなことまで、
公私において何かしら生じるものなのだそう。
どういうシステムをわざわざ自分で作り出しているのか考えが及ばないが、それがある程度溜まったとき、カラオケだったり体を動かしたりで発散するそう。
こういったストレスというものをあまり感じないことを他人に話したところ不思議がられたのだが、ではそれは何故なのか、というのを考えてみたところ、げに哀しきリーズンズしか浮かばなかった。

①他者との関わりがほとんど無いことにより、生成の絶対量が少なすぎる、孤独的ノンストレス説。

②既に強いストレスに犯されており、程度の低いストレスは感じ取れていない、ストレスドランカー説。

③ストレスはあるが、自分で気づかない内に何らかの方法で発散している、ストレス上手バカ説。

④現在蓄積中で、限界まで溜め込んだ後に信じられない方法で発散させてしまう、予備軍ストレス説。


寝たらケロッと忘れるんだ。
おやすみなんだ。


あ!
③は例えばこういう意味のない文章を書くこととか!
お後がherewegoですわこれは。

朝顔

つぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみたいらつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみつぐみ