お雑記

おお我が憩い

かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート ☆☆★★★

いろいろと低次元。
時代遅れの少年漫画を読んでいるみたいだ。
コロコロコミックの。
こどもしかだませない。
アクションはまあ、そこそこ。


と思っていたら、本当に漫画が原作だった。
1970年からの長期連載カンフー漫画らしい。
それは何というか、仕方ないというか。
でも映画は2006年。
映画としてもっと何とかできただろう。


原題は「龍虎門」
ニューポリスストーリーの相棒が虎役で出ている。
ニコラス・ツェー

サボテンの花 ☆☆☆☆★

Foul Play」のゴールディ・ホーン
とーってもキャァワイイんだ。
これは、すごい。面白い。
良作、名作と銘されるものだ。
でもちょっとカメラ半端に近過ぎなんじゃないかな長時間。
もうちょっと引いて欲しかった。
そしてセット感が強かった。


町山氏があらすじをいっぱい喋りだした時はどうしようかと思ったが、観て良かった。
藤谷文子と喋ってるのをyoutubeで見て名前を知ってて良かったね。


これはすごい。恋愛映画史上すごい。
恋愛映画何観たことあるかなぁ
結婚できない男」くらいしか連想できなかったなぁ

ベスト・キッド ☆☆☆★★

多少荒いけど、まあイイですね。
この荒い部分をright circle left circleしたものがリメイク版なんだろうなと思いました。
僕は多少荒くても、ジャッキー・チェンが出ていなくても、こっちの方が好きでした。
2の冒頭までは1の時点で撮っていたということですが、まああってもなくてもどちでもいいですね。
あればミヤギがごっそり持っていってしまう、と考えたんじゃないですかね。