お雑記

おお我が憩い

マークスの山

長かった。
結構かかった。
もちろん読む時間が細切れだったのもあるけど。
それにしても長かった。
こんなに長くなくていいんじゃないの?と思った。


面白かったか…
うーん……

笑顔で面白かったー!とは言えない。
ちょっとタルい感じがあった。
別にいいけど。


最後の合田のフェードアウト感は半端じゃなかった。
真知子、真知子、森、真知子ですよ。
左、左、かわして右ストレートですよ。


林原をどうしてもハヤシバラと読んでしまうのが常に鬱陶しかった。