お雑記

おお我が憩い

京大芸人

そういえば少し前に読んだ。
忘れていたのはあまりにもあっという間に読んだからかもしれない。
薄く、字も大きいのでスラスラと読める。


面白かった。
文学的な意味ではなく、"お笑い"的な意味で、である。
何かタメになることが書かれているかというと、それは殆ど無い。
人生的な意味ではなく、"お勉強"的な意味で、である。


ロザンが、菅ちゃんが、
「俺、おもろいやろ? 俺の人生、おもろいやろ?」
と言っているような感じだ。


おもろいよ。