お雑記

おお我が憩い

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 ☆★★★★

観に行くわけないじゃないですか。
テレビで放送していても観ないレベルですよ!
と言っていたはずなのに、何故か。
それが付き合いというものです。タダだし。



案の定ドイヒーで。
初っ端から既にジョジョの世界観ではない。日米合作のサスペンス映画みたいなノリで始まっちゃった。
山粼賢人の演技をちゃんと見たのは初めてだが駄目だった。もうちょっとデキるのかと思っていた。
億泰はアニメに引っ張られていたが新田真剣佑自体はデキるのかもしれない。
康一はまあ良かったんじゃない神木隆之介
形兆もわりかしキレイだったと思う。
海外ロケも果たして必要だったのか。どうしても日本には見えない町並みに、無理矢理の日本人と日本語の違和感。それがジョジョ四部の感じなのか。杜王町なのか。しかしその中でも交番だけは良かったと思う。ちょっとしか映らなかったが。あと虹村さん家も中は良かった。
過程を省き過ぎて心が無い。そしてこの省き方をするなら由花子は要らない。承太郎すら要らないのではないだろうか。承太郎……承太郎かなぁ……。
間が悪い。
ボトルの中のアクア・ネックレス以外のスタンドが"ただのCG"。
四部で一番素敵なスタンド、バッド・カンパニーが落下傘で現れるところのちゃちさにも落胆のため息をついた。
音楽もちょっと。



第二章はあるのかな。