お雑記

おお我が憩い

2017夏ドラマ寸評 〜 秋ドラマ

・私の夫は仕事ができない
これは小粒ながらもキッチリ納めた。
松岡茉優の好演が他の穴を埋めた形。壇蜜とか薮くんとか佐藤隆太とかクマとか。
起承転結において常にタイトルを意識の内に置かせたのもグー。


・セシルのもくろみ
つまらな過ぎて3話で切った。
伊藤歩はドラマ作品に中々恵まれないなあと思う。


わにとかげぎす
雨川と花林が出てきたあたりで原作の気が抜けはじめ、楽に観られるように。
それ故かギャグは面白くなかった。
そして金庫強盗がピークとなり、最後はおそらく尻すぼむ。


ハロー張りネズミ
最近では珍しく子役を攻めに使ってそれが功を奏したドラマ。
最近の何を知っているというのか。
背景なんか良く凝っていたと思う。雰囲気づくり。
森田蒼井は好演。蒼井優って本当怖い。ムロツヨシは残念ながらデキないことがわかった。
OPはピアノがチョーあざとい。EDは最終回がチョー寒い。


・警視庁いきもの係
動物と橋本環奈を可愛く撮るという定石。加えて渡部篤郎演じる主人公が記憶喪失という謎一点。これで前半を押し切られた。
ギャグは中盤からキレを増し、最終回前で怒濤を見せた。朝倉まで出してきた。笑った。
くだらないが何だかんだで今期一番明るく楽しかった。



次期のドラマはざっと目を通したが相棒くらいしか観たいものがなかった。
まあいいや