お雑記

おお我が憩い

毎夕どうするか考えて

空気感という無いものにムシャクシャして嫌だなあ

と思っていたら、それはなんと少しだけ違った。

 

普段毎日接する人間にこれほどの嫌悪感を覚えるとは、柵も捨てたもんじゃない。高まる。

そして一つ理解したのは、露骨な奴が嫌いだということ。