お雑記

おお我が憩い

光をくれた人 ☆☆☆★★

弱光じゃない。

どこで泣くんだろうか。

序盤から中盤にかけての展開こそ面白く、いい感じだったけれど

後半のこの映画がやりたかったことは別に面白くないし、特に何かを感じることもない。

様々な選択が正解なのか不正解なのか、客観的には明確であるにも関わらず、それをウンコを見つけたアラレちゃんが如くツンツンするような無意味で無心な感じがして、伝わらなかった。

中途半端に暗い映画。

 

ラストもどうでもいい。二人とも死んでいればよかった。墓前でよかった。

別に来なくてよかった。

めっちゃグレればよかった。

 

内容だけ触れるとこんなんだが、技術点は高いんじゃない。